タグ

タグ:2013

Mt 富士ヒルクライム 2013(当日)

カテゴリ:

 前日編は
Mt 富士ヒルクライム 2013(前日)
ハルヒルの時のように飲酒量に対する睡眠時間の短さという致命的なミスも起こさず早朝4時頃に起床。やっぱり眠いし少しアルコールが残っている感は否めない。けどまっいっか(笑)

当日組のRyoさんヒデさんがコテージに到着、合流。

その時管理人は、おにぎりを一つ食べカップラーメンも食べウィダーインゼリーも飲み何気に準備万端。スタート時間を逆算すると約二時間半ほど食べ過ぎぐらいが丁度良い!

なおちまるさんと駐車場に向かいバイクを組んでいざ会場へ!!!!
P6011180

とにかくローディーの多さにあんぐり。この人達全員が長いヒルクライムに挑戦するんだな〜なんて思うと『何故?わざわざ辛い思いをしに、、、』としか思い浮かばない。
IMG_0102

ハルヒルと比べると随分待たされた感じがあったが、それが良かった。トイレの数は少なかったがしっかり軽量化も出来たし、サービスの水を飲みながスタートまでのんびりできその時間でLINEで連絡をとりながら、剛脚のT原さんとも会えた。(後で聞いたが75分台だったとの事。凄過ぎる)

9000番台でのスタート。
90分切れたら良いな?ぐらいの楽なテンションで待っていると、いよいよ順番。計測地点までパレード走行。そこでまさかのトシボーさんにアクシデント。
リアのギアをファイナルに入れるとギア落ちという状態。そこで仲間全員がストップをして調整を試みるがワイヤーに問題がありどうにも解決しない。
今日からクアトロライフより拝借)
IMG_1772_zps68902c9e


するとすかさずRyoさんが『メンテブースで直してもらい問題が無い状態で走りましょう!絶対そっちの方が気持ち良く登れるでしょ!!!』

凄い判断力でした!!!
ただし、そのロス時間のおかげで最後尾からと言うか、もう駄目ですよって言われる?言われた?寸前での最後尾スタート。コレもある意味経験出来ない思い出の一つになるのでしょう?

とは言え貧脚な管理人はメンテブースには行かず、なおちまるさんやヒデさん達と計測地点に向かうwww。(トシボーさん、ごめんなさい。)

そして気が付くと計測地点へ。ガーミンのボタンをON。

序盤の5キロは厳しいとの事なのでペースを守るのが鉄板との情報のもとにそれを貫く。トラブルがあり随分遅れたスタートだったので、自己申告タイムがもっと遅い方達と走る事になるのだが、みんなかなりウッヒョーッっとなっている様で厳しい勾配なのに周りはかなり頑張っている。
IMG_0111

それもね、テンションMAXなのと景色が雄大過ぎるのと真っすぐな道で勾配の感覚が麻痺している状態。

ヒルクラ苦手な管理人はとにかく5キロまでペースを保つ事を徹底する。つもりではいるのだが、なおちまるさんとヒデさんのペースに合わせながら登る。

最初の5キロは上げちゃ駄目。5キロ地点から10キロまではどうだったけ?そしてその後はどうだったけ?前日までは予習をして何となく憶えていたのだがすっかり頭から抜けていた。ただし今思えばその情報が抜けたのと、試走をしていなくコースを把握していないのが良かったのかも知れない。

10キロ地点〜15キロ地点。
なおちまるさんとヒデさんのペースがキツくて、少し後ろに後退。距離にして最大40メートルぐらいの後方でお休みタイム。まだ半分来るか来ないかのポイントで心臓と脚を使い切る訳には行かない。

ずっと上りっ放しだと勾配の感覚が分からなくなるのは、皆さん経験しているはず。
冷静にガーミンの勾配データ、ケイデンスデータを見ていれば目の錯覚だと気が付くのだが、疲労してくるとそうも行かない。そして勾配が緩くなったとスピードを上げるが結構登ってて失敗するポイントが二度程。ただ、途中で気が付く勾配5%以下だったら踏めるという事に、そして残り10キロぐらいだったら問題ないかな?って事で15キロ地点から前に進むようにトルクをかける。
IMG_0113

それから心臓も脚も徐々にキツくなって殆ど憶えていないのだが、四合目の看板をパシャリ。残りあと一合。

何気に夢中でペダリングしてたので周りの事は分からなかったが、20キロ地点ぐらいでなおちまるさんが『やっと追いついた!!』と並走。(写真撮っときゃ良かった)

その後、また勾配がキツくなりキツかった。あまりのキツさに沿道に居るスタッフに『あとどれぐらいで平坦ですか?』と訪ねると『もうすぐだよって』って事なので平地でスピードを出したいので上半身に力を入れずファイナルローで温存。

やっと平坦の直線らしい部分にさしかかるが、まさかの向かい風。それに追い抜くばっかりで前にだれも居ない、、、、、さてどうしよう。ってかもう踏むしか無い。とにかく30km/hを切らないようにアゲインストの中ひたすら踏む気が付くと34km/hを表示している。それでも踏む向かい風と脚の疲労でもうそれ以上上げられない。

そして最後の登り。

はっきり言って、何も憶えていない。

ただLEGONのメンバー含め鶴見辰吾さん達が大きい声で、最後の背中を押す応援をしていたのだけが記憶に残っている。
そして、、、、ゴール。
IMG_0114

ヒルクライムは苦手だけど、さすがに24キロを登りきったかと思うと正直感動しました。キャラに無く胸が熱くなった。

とりあえず晒します。
平均
14.5km/h
163bpm
69rpm

最高
34.7km/h
171bpm
103rpm

そして他のメンバーのゴールを待つ。ヒデさんのゴールシーンハケーン。
IMG_0115

最後のモガキですね!
スタート直後はこんな余裕があったのに(笑)
IMG_0108

で結果は、、、、

1時間37分台。遅っwww
まっ楽しかったからおk。登りきれば景色も良いし終わった感覚が妙に気持ち良い。
IMG_0120
こんな景色とか。
IMG_0123
こういった景色を自転車で登ってきたと思うと感慨深い。

その後メンバーと合流できないなくバタバタしたが、無事に下山。
IMG_0126

最後に、ヒルクラの大会は来年までおあずけwww辛過ぎます。
長文スマソ。

Mt 富士ヒルクライム 2013(前日)

カテゴリ:

翌日が早いってこともあり前乗り。
今回もハルヒル同様なおちまるさんに同乗させてもらう(感謝!)
 
東京からだと案外近いのね!あっという間に到着!P5311160
 
GWの道志みちライドの際、山中湖から見た富士山も良かったがここからの富士山も雄大。

会場には色んなブースが出ていてそれだけでテンション上がる。

エントリーをする前に会場をウロウロしているとキクミミさんハケーン!
当然、一緒に写真を撮ってもらいました。
(今日からクアトロライフより拝借)
IMG_1509_zps1c95d7e6

そして、さらにウロウロしていると日向さんハケーン。ハルヒルで管理人だけ一緒に写真を撮れなかったので、ささやかな願いが叶いましたwww。
IMG_1516_zpsf528929e

お二人とも自転車界では有名人ですが、気さくに対応いただきました。ありがとうございます。

レース当日に合流するRYOさんヒデさんのエントリーも済ませ、コテージにチェックイン出来る時間まで適当に時間をつぶし、夕食の買い物なども済ませチェックイン。

自転車を組み上げ河口湖まで軽く走りに行く事に。5キロ程の距離なのであっという間に到着。
レース前日にSPD-SLからスピードプレイに変更してしまった管理人、走る事自体が心配なのね。
IMG_0090

そして河口湖畔を一周した後コテージに戻る事に。
IMG_0092
IMG_0096
 
IMG_0101
 
IMG_0098
90分切りを狙えるエースとしぼーさん。明日降り掛かるトラブルをこの時は知らない。

さてコテージに戻り、シェフとしぼーの夕飯。
P5311172

前回のハルヒルで飲み過ぎた反省を踏まえ今回は各自控え目。とは言いつつも管理人は程よく飲んでしまった。24キロの登坂にも関わらずあまり学習していないwww。

P5311166

楽しい前夜を過ごせて良かった!

当日編へ続く。

 

GW前半 ポタリング編

カテゴリ:
前日、なおちまるさんと祭日なので大井埠頭走れるかもですね?起きれたらLINE経由で連絡を取り合い行きましょうか?と緩い約束。

当日早朝、まっつんさんからLINEで大井行く人〜との投げかけがあったので管理人は同意。その時点ではなおちまるさん睡眠。

その後なおちまるさんとも連絡が取れ大井埠頭で合流するがトラックのゲートが開いていて走るのは危険と判断。皇居ポタへと変更です。
11時には戻らないとって事で皇居二周して帰路へ、その途中国会議事堂前で撮影。
写真 2013-04-29 16 39 00
 

GW前半 ヤビツ峠登坂編

カテゴリ:
善波トンネルの下のセブンイレブンで車先行隊のRYOさん、ヒデさん、ケベルさんと合流しRYOさんの復活を祝いつつ談笑の後、善波トンネルの坂へ。

みんなどんどん先行していく、まったくスピードが上がらないどころか心臓も脚も言う事を聞かない。

まだ、鎖骨が完全でないRYOさんが『先に行ってください』と声をかけてくれるが、先に行けないのですwww

苦しみながら名古木交差点に到着。
R4120323

Shinichiさんはデイリーからの計測と言う事で、全員でスタートしとりあえずデイリーを目指すがまっつんさん、Shinichiさんは速度域が違うので先行。最後の最後まで気が付かなかったがこの時点でケベルさんも先行。
デイリーで剛脚の二名が待って居たが、ちょうど信号が青だったのとどうせ抜かれるので管理人はそのまま直進する。どうやら管理人以外もデイリーでは止まらずそのまま登ったそうだ。

もうすでに辛い。こりゃ無理だなと思いつつ苦手なバス停の直線に、、、、

なおちまるさんに着いていたのだが、どうにも苦し過ぎて心が折れる。

フラフラになりながらバス停をパス。そして左折してすぐの○印がついている坂でさらに気分が萎える。気が付くとヒデさんが後ろに、、、んで、、、並走、、そして徐々に九十九折りの向こうに姿を消す。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

中盤にして二度も心が折れた。

管理人の後ろに居るのは、組長とRYOさん。
二日酔いの組長そしてまだ鎖骨が完治してないRYOさん。申し訳ないがさすがにこの二人だけは前に出すわけには行かないと心の中で思いつつも、フラフラ登っている自分が分かる。

あれっ?シフトチェンジの音がする??あっ組長だ。
組長『どうしたんですか?』
管理人『------------』苦しくて喋れない。
そして組長が前にでる。追いたくても追えない何とも言えない気分。

展望台を右に曲がる組長が見え、油断するポイントでペダルを踏むも距離が縮まらない。

ハイッ!キマした。駄目だしの三回目。ポッキリと心を折られました。
そして登頂。前回よりも7分も遅い。ダメダメでした。

冷えるのでRYOさんヒデさん組の車が止めてある展望台へ、、、とその前に。お決まりの写真でも。

ハイジャンプ!なおちまるさん。
R4120325

コマネチRYOさん。
R4120332

結果はどうあれこうやって人数がそろうと色んな意味で楽しいですね!

展望台でハルヒルの本番で会いましょうって事でRYOさんヒデさんとはお別れ、下山のしてケベルさんともお別れ。そして自走組はShinichiさんの優しさに牽いてもらい帰宅。

ここ最近では一番辛いライドでしたwww。

地元に戻り反省会。
鬼軍曹まっつんさん『おおおっいい!何だよ今日のタレた走りはっ!!!』
組長、管理人『すいません、、、、、』
写真 2013-04-29 15 52 33

鬼軍曹『特に管理人、ここ最近走る度におそくなってるじゃねか!!』
管理人『--------------』
組長『途中、止まってるのかと思いましたよ』
二人に追い込みをかけられる。

鬼軍曹『組長はタイム一分縮まってるみたいだけど、3分は縮めなきゃ』
組長『ハイ、次回は3分〜4分縮めます』

その時の絵はこんなん。死んでますwww
写真 2013-04-29 17 25 05

おしまい。

※最後の下りは、フィクションですが人物、団体は存在します。

 

GW前半 ヤビツ峠道中編

カテゴリ:

初日の土曜日はのんびりとY赤坂店に掘り出し物を探しにちょこっとだけ自転車に乗る。適当に写真なんて撮りながらのんびり走ってしゃうりょう。

29日は前半のメーンイベント!ヤビツ峠へ!!
日が長くなっているのでそれほど早くない8時に集合。
R4120303

この時点では組長、なおちまるさん、管理人の三名ですが途中でまっつんさんと合流の後、初めてご一緒して頂くShinichiさんとの待ち合わせ場所まで向かう。 

フルクラム レーシングクアトロ 2013

カテゴリ:
FULCRUM RACING QUATTRO(43,050円)
img_949260_30855357_5

ネットでIHYしようかと思っていたが、売り切れやんけ!
普段使いで使用したいのとリムが35mmってのも気になって結局購入。
面倒を見てもらっている自転車屋(サイクルショップセキヤ)に連絡を入れたら一組残っているとの事。別に急いで購入しなくてもって思っていたので、一組売れた後の入荷をうかがうと未定との事。


このページのトップヘ

見出し画像
×