タグ

タグ:弁膜症

手術前夜と当日【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】

カテゴリ:
わけあって今回の関連の記事は
http://vhf.doorblog.jp/
こちらで書くことにしましたー!

前回の手術がお流れになったので、説明も十分すぎるほど受けていたいなにより、手術前にするることをそれぞれ2回ずつ行うことになるので、前夜はスムーズに事が運んだ。

IIJmio(みおふぉん)

日が明けて当日も朝からの手術ではなく手術室からの呼び出しは13時予定だったので案外のんびりだ。

とは言え時間は有限なのであっという間に時間は迫ってきた上に急に30分程前倒しでの呼び出しになったので、親族が1名まだ病院に到着しておらず会えずじまいとなった。
まっ今生の別れではないのでどうでも良いことだが(笑)

このまま続きで手術室に入ってからを書きたいところだがその記事にかんしては一記事で起こしたいので別で書きます。
手術日 25日(水)13:00〜
現在 28日(土)17:50〜
約3日ですね。文章を書く気力を持てるまでに復活するのは、、、

わけあって今回の関連の記事は
http://vhf.doorblog.jp/
こちらで書くことにしましたー!

入院すると睡眠不足【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】

カテゴリ:
朝は6時に起床。
まあ、起床というか血圧やら体温やら場合によっては採血で看護師さんが巡回してくるのだが、寝ぼけ眼での6時の採血はいささかカンベンして欲しかったりする。

夜は10時過ぎには消灯でテレビも消さないとならないし(テレビはほとんど見ないけど)真っ暗になるので本も読めない。

そんな時役にたつのがKindleやiPadだろう。小説も漫画も雑誌も読めるしゲームも出来るしね。
入院の可能性がある方は是非どちらかを購入することをオススメします。
(入院してなくても普段から便利なアイテムですが、、、)

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
アップル
売り上げランキング: 5,203

40代で心臓外科病棟に(違う病気の人もいます)入院する患者は少なく。大抵が年配の方々ばかり、それも術前の人や術後の人など様々な患者がいますが、皆さんの夜は決まって早い。
消灯前から、いびきの合唱が始まります。加えて術後の患者でシャックリが止まらない人や、なぜか唸ってる人。

毎晩そんな状況です。

病室が大部屋なので仕方ない(泣)
とはいえ個室に入る差額ベッド代など払えるわけもなく、半共同生活をのみこむより他はありまえせんね。
これから手術になり術後ICUから出た後、ひょっとしたら痛みに悩まされ声を上げる日があるかもしれませんし、明日は我が身です。

朝食の時間になったのでありがたく頂きます。

再入院初日【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】

カテゴリ:
大部屋希望です!ハイっ!なるべく入院費用を安く済ませたいので、、、
そかし、窓側の部屋希望です!

入院当日案内されたベッドの位置は窓際でもなく端でもなく1番居心地が悪いであろう真ん中です。
前の病院と比べると病室が何だか暗い。

気が滅入ります。

当日から、検査必要書類の記入でちょっとぐったりだ。心電図やCAVI、担当医師からの手術の説明。夕方まで殆どがそれで費やされた。

明日も、いくつか検査があるようだ。疲れるな。

一時退院の初日【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】

2

カテゴリ:
朝の6時から電気をつけられたり寝起き直後に採血されたりしない。同室の患者に気を使うこともない。朝からバイタルチェックもないし、行動も制限されない。入院時より遅く8時に目を覚ました。
そして、愛犬が僕の傍に寝ているこの安定感が素敵。

まぎれもなく自由が自室にはある!

とはいえ、安静にしていないといけないのは変わらない。病院の時と同じようにパソコンで普段のルーティーンをこなし、再入院する前の段取りを考える。
「あれ作ってコレ作って」やることが沢山ある。

やっぱり心臓が言うこと聞いてくれないので、心なしか身体もダルいしモチベーションも何となく上がらない。そんなもんなのかな?

身体が不自由だと「時間があって時間がない」そんな矛盾を抱えるんですね。
健康な身体だと気が付かいない事を気がつけるのはある意味幸せかもしれない。

それに大袈裟だけど、当たり前のようにある目の前にある全てが「かげがえのない」って表現を使っても良いし、少しだけそれ感じる事ができるのはある意味幸せなのかも知れない。

この先も主観ばかりの内容ですが、楽しみにしてもらえる方がいたら嬉しいです。


目覚めの直後の採血は微妙な気分だ。【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】

カテゴリ:
「◯◯さん採血しますよ」看護師さんの声で目が覚めた。「今何時だ?」携帯を確認すると6時だ。早い。看護師さんのルーティンも分かるのだが目覚めの直後の採血はちょっとカンベン。
そして、ボーっとしたまま操り人形のの様になすがままにされ血を抜かれた。

血を抜かれている間窓を覗くと(窓際のベットです。)結構な降水量であろう雨が降っていた。「あれっ昨日の天気予報は今週末までは大丈夫だって言いたような言っていないような?」

そして採血が終わった。

今日もまた入院生活の1日が始まる。

【40代前半の弁膜症 | 心不全闘病日記】この検査だけはやめてくれ!経食道超音波

カテゴリ:
心不全の原因を明確につかむため検査検査が続きます。
弁膜症とはわかっているのがどの程度便が機能しているかの検査。

ついに苦しみを生むだけの検査の当日。

「かなり苦しいよ経食道超音波検査」と主治医の先生が言う。
「胃カメラより苦しいですか?」僕
「うん、苦しい」先生
「この検査だけは二度としないでくれと、言う患者が多いんだよね(笑)」

看護師に促されながらベッド横になると検査技師の先生が自己紹介。業務的なお互いの挨拶が終わると主治医の先生から説明は受けているかどうかの確認を完結に行う。

「この管で検査するんだけどさ、カメラがついてないからこっちで飲み込んでって指示をだしたらその都度飲み込んでね!」ずいぶんとあっさり言っているが、胃カメラよりかなりぶっといじゃないか!

「大きい!そんなの入らない!!!」こころの中でそう叫びました。
そんな叫びは届くわけもなく、粛々と検査の準備は進んで行った。気がつくと主治医も同席していて「苦しいけど頑張ってね!」恐怖感を煽る言葉とともに「苦しくてもなるべく身体の力を抜いてね、楽になるから」などど横たわっているベッドの上で、創造が膨らんでくる。
5分も10分も経っているわけではないのに、目の前のあの管がこれから入ってくるのかと思うと絶望さえ感じました。

「じゃあ入れますね。」(もちろん喉に麻酔はしてある。)



ゴリって表現が適切かな?先端が喉に突っかかる、グリグリされながら自分の指などでは届かない領域に入ってくる。
「・・・くっ苦しい・・・」
更にその奥へと進んだあたりで「はいっ飲み込んで!」合図があった。

でもね、管が太すぎてゴックン出来ないんですよ。もう一度合図がかかるそして無事飲み込むと今度は肺の辺りまで管が入ってくる感覚がする。

肺の辺りまで差し込んでくると今度の喉の反射運動でえずきが始まる。えずく度に息が吸えなくなる上に唾液などが飲み込めない為に口からダダ漏れ状態。
息吸えないと(苦しい)→唾液飲み込めない(苦しい)→管が更に奥に入ってっくる(苦しみとえずき)
このサイクルの繰り返しなのである。

だが、始まって数分経つとこちらもコツを掴む。なるべく身体の力を抜いて鼻から呼吸をすると管を動かさないでいれば、喉に太い異物が入っているぐらいで我慢できそうな気がしてくる。しかしそうは問屋が卸すはずもなく、容赦なく検査技師は管をグリグリ動かすのである。
とは言え、スタート時より慣れた。かと言って苦しさが無くなるわけではない。

「あ〜どれぐらい時間がかかる検査なのかちゃんと聞いておけば良かった」と後悔。
出口のない迷路のようで終わりが見えない分、時が経つのが長く感じる。

もう、ここまで苦しいとどうにでもしてくれって気分になり僕は何かの実験台なのだと思うといささか気分は落ち着いた。

「はい終わるよ!」
神の声が実験台の僕の耳に届くと同時に安堵した。安堵した筈だった。
「息止めたら合図で息を吐いてね」

息を吐くと同時に管が抜かれる。安堵した筈が最後の苦しみ。
何の苦行だこれは?頭の中をよぎったが終わったので良しとしよう。

病室に戻ると、身内が見舞いに来ていて「なに泣いてるの?」と微妙な一言。
えずくと涙がでるでしょ!

それにしても苦しかった。



このページのトップヘ

見出し画像
×